『桜風堂ものがたり』読了

お久しぶりです。

しばらく更新ができず申し訳ございません

さすが4月、私生活もバタバタしてしまいました( ̄▽ ̄;)

 

さて、題名にもあります通り今回読了した本は

『桜風堂ものがたり』作:村山早紀


f:id:ouba0713:20170417201830j:image

です。

 

実はこの本、私がこのブログを始めるきっかけとなった本でもあります。

 

~あらすじ~

とある書店で働いている主人公、月原一整は万引きをした子供を捕まえようと追いかけていた所、その子が車道に飛び出し、轢かれてしまいます。

それが原因で書店にいられなくなった月原はブログ仲間である桜風堂の店主に会うために桜野町へと向かい、そこで初めて店主が体調を崩し、入院している事を知ります。

店主の代わりに桜風堂を開店させた月原。

彼のために色々な人が動いていました。

 

やはりあらすじを書くのは苦手です( ̄▽ ̄;)

まずこの本を読んで1番に思ったことは描写がとても綺麗なところです。

月原や周りの人々の心理描写、桜野町の風景描写。

どちらもぽん、と頭に思い浮かべることが出来るような、それでいてとても繊細で美しい描写でした。

内容も読み応えがあり、読書好きにはたまらない本だと思います。

また、身近な所で共感出来るところもあるため、普段読書をしない人もサクサク読めると思います。

 

読書をする人、しない人。

年齢、性別を問わず、少しでも気になった方は是非お手に取り、桜風堂へとお越しください。

道中にて

f:id:ouba0713:20170311191659j:plain

3月といえどまだまだ夜は寒いですね(笑)

小説を買いに出掛けたら、とても夕焼けが綺麗だったので記念にぱしゃり。

画像サイズがかなり小さいかもしれませんが沈む太陽に照らされた雲の上に飛行機雲があります。

購入した本については追々感想と共に紹介するつもりですので見ていただければ幸いです。

それにしても、最近のブログはガラケーでも投稿ができるのですね。

いつの間にこんな進化したのでしょうか(笑)

この文章、ガラケーをぽちぽちして打ってますがちゃんと投稿出来ているかな?

近々旅行に行くつもりですので、ぱしゃぱしゃ写真を上げていくかもしれませんね(笑)

雪夜月のはじまり

閲覧ありがとうございます。

ようこそ、雪夜月へ。

 

管理人の黄葉と申します。

ここでは私が読んで感動した本、行ってみて綺麗だと感じたものなどをゆるゆると紹介していきます。

時たまゲームの感想などもあるかもしれません。

不定期になるのが目に見えておりますが、ゆるくお付き合い頂ければ幸いです。